ブログ

0歳から1歳のこどもへの語りかけ

ファーストサイン

ベビー系教室・リフレサロン・資格取得スクールBebe et maman

今日は0歳後半の赤ちゃんへの接し方についてお話しします。

0歳も後半になってくると、お座りやハイハイもできるようになってどんどん活発になり、いろんなことに興味をもってきますよね。

いろんな表情も見せてくれたりと、ねんね期とはまた違った可愛さが増す時期です。
そんな体も脳も活発な時期にこそ、ファーストサインを取り入れて接してほしいなと思います。

ファーストサインは、手のサイン(手話)を覚えてお子さんとただ接することではありません。

たとえば、
おむつを替える時にも、「おむつかえるよ」と声と身振り手振りをしてから替えるのと、声をかけないでいきなり替えるのとでは赤ちゃんの気持ちも心づもりも違います。

お散歩のときなど
B型のベビーカーになると、赤ちゃんもママと同じ方向を向いて座り、赤ちゃんはママのお顔は見えません。
そんな時、ちょっと立ち止まって、お子さんと目線を合わせて、「きれいなおはなだね」とにこにこしながら声をかけてあげると、「これはママがうれしくなるものなんだ」と感じたりします(*^.^*)

これファーストサインなんです。
なんか楽しくなりそうですよね!

赤ちゃんは、ママの顔の表情や気持ちなどを声のトーンや語りかけでどんどんインプットしていきます。
そして今度は自分からアウトプットしてくれるようになってきます。

ファーストサインは、表情も言葉も心も豊かに育んでいくことができます。