ブログ

生まれた時からしているコミュニケーション方法

ファーストサイン

こんにちは

ベビグラファーを目指している講師の高橋千里です。

娘が0歳からしている、娘とのコミュニケーションのひとつをご紹介します。

これは私の実体験が元になっているんです!

私が心がけてやってきたことは、

子供ときちんと目を合わせて、自分の気持ちをきちんと伝えていく。
そうすると、子供にもきちんと伝わっていく


この気持ちで、娘が0歳の時から目を合わせて気持ちを伝えるようにしています。

その時は意味は分からなくても、きちんと伝えていくとその気持ちは伝わります。
そしていつか子供は意味を理解することが出来るようになります。


この根拠は、友人の子供の面倒を見ていた体験から来るんです。


よく遊びにいっていた友人宅に2,3歳の男の子がいました。
子供が夢中になって遊んでいる隙に、友人は近所の図書館へ本を返しに行ってしまったのです。

しばらくしてお母さんがいないことに気がついたその子は、大泣きです。
私が「図書館に行っただけだから、すぐに帰ってくるよ」と言っても聞く耳を持ちません。
私も泣き声に負けずに大声になると、さらに興奮してきてしまいました。

これでは余計不安になっちゃうよね。と思って、
今度はきちんとそのこの目を見て、
「大丈夫。ママはすぐ帰ってくるよ!大丈夫だから!」
と落ち着いてきちんと伝えました。

すると、その子は私の目をじっと見て、安心してまた遊び始めました。


きちんと子供の目を見て、気持ちをきちんと伝えると、
ちゃんと子供には伝わっていくんです。


娘は小さい時から本当のことをきちんと話していたので、
保育園の先生からも娘が言うことなら本当なのね!
と仰ってくださるほど、信頼してくれています。


ファーストサインは、そんな親子のコミュニケーションなんです。